読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY FAVORITE THINGS

シンプルライフの作り方

【ことば】「空」の思想

縁起の故に無自性

無自性の故に空 

「中論」龍樹

 般若心経の本質部分。

 

すべてのものは関係性(縁起)の中にあり、

 

関係性の中でのみ存在しうる。

 

したがって、独立不変のもの・本質はありえない(無自性)。

 

つまり、すべては「空」なのだ。

 

「空」は、「有」・「無」を含むこの世のすべての事象を貫く根本原理である。

 

これが「空」の思想だ。

 

すべては本質を持たない「空」といわれると、

 

まさに空しくなりニヒリズムに陥りそうだが、そうではない。

 

「空」であるが故に、そこには自由があり無限の可能性が広がっている。

 

「本来無一物、無一物中無尽蔵」と理解してもいいかもしれない。

 

また、自分という存在が宇宙の果てまで繋がっている(縁起)という感覚、

 

自分をとりまく世界と無分別に繋がっているという一体感は

 

我々に揺るぎのない安心感を与えてくれる。

 

卑近な例を挙げれば、

離れ離れになった恋人といつでもどこでも繋がっているし、

 

「空」は物理世界だけでなく、記憶の世界・情報の世界の原理でもあるから、

 

死別した親友とも記憶を通じていつでもどこでも繋がっていることになる。

 

龍樹 (講談社学術文庫)

龍樹 (講談社学術文庫)